エグゼクティブコーチングの費用はいくらかかる?私の会社の例で紹介

エグゼクティブコーチングで業績アップ

日本はたくさん働いたほうが会社に貢献している、人間的にも偉いという評価を得ることが多いですが、私は効率を上げて仕事を早く切り上げるほうが大事という考えです。
エグゼクティブコーチングを繰り返していく中で頭の中のアイデアを具現化して、目に見えるデータとして残すことが可能になりました。
お客様と直接接する人たちの意見を大事にして、そのときに発生している問題を放置しないようにすることが大事です。
問題が起きてから動くのでは遅いので、先回りするような方法をエグゼクティブコーチングで話し合いました。
経営のことは誰にも相談できないことが多く、特に経営者は孤独になりやすいです。
そのため身近に何でも言うことを聞いてくれるイエスマンを置くことが多いですが、イエスマンを置いてしまうとワンマン経営に走ることが多くなるので注意しなければいけません。
ワンマン経営はメリットもあるかもしれませんが、デメリットのほうが圧倒的に多いですし、何よりも従業員の幸せを無視しているので健全な経営とは言えないです。
私は現場から経営陣まで意見がすぐに届くようなシステムを作りたいですし、そのようなスタイルを確立しないとこれからの時代を生き抜いていくのは難しいです。
個人的にはエグゼクティブコーチングは全ての会社に必要なものですし、内側からでは分からないポイントに気付くことも可能です。
コーチングは大企業が採用することが多いですが、中小企業やベンチャー企業でも積極的に取り入れるべきです。
私の会社は従業員100人以下の中小企業ですが、エグゼクティブコーチングのおかげで業績が上がりましたし、これから進むべき道が明確になったという実感があります。

コーチングの相場観 / 経営者向けのエグゼクティブコーチングは数万円 / エグゼクティブコーチングで業績アップ